豆乳のバストアップ効果

MENU

バストアップには何が必要?

10代女性のバストアップ方法と効果

バストアップをするためには、女性ホルモンの分泌を促すことが必要不可欠です。女性ホルモンのエストロゲンには、女性らしい体を作る働きがあり、ホルモンバランスや自律神経などを整える作用があります。

 

エストロゲンに似た働きをするものの中に、イソフラボンがあげられます。

 

イソフラボンは、味噌や納豆、豆腐や豆乳など、大豆食品にたくさん含まれています。
特に豆乳にはお肌の調子を整える働きもあり、女性にとって嬉しい効果がたくさんあるのです。

 

豆乳はそのまま飲んでもいいですし、ココアやコーヒーなどの飲み物に混ぜてみたり、お料理に使ってみたりとアレンジ方法も様々です。
豆乳にも色々なタイプのものがありますが、よりバストアップを求めるのであれば、成分無調整タイプのものを選ぶようにしましょう。

 

イソフラボン以外におすすめなのは

バストアップに効果的なのはイソフラボンだけではありません。
ボロンという成分にも胸を大きくさせる働きがあることで知られています。

 

ボロンはいわゆるホウ素といわれるミネラルの一種で、エストロゲンを増加させる効果があるので、結果的にバストアップに繋がるのです。
ボロンがたくさん含まれるものには、キャベツやりんご、ナッツ類、海藻類などがあります。

 

一日に3rの摂取が利用的だと言われています。
ただし、ボロンは熱に弱いという性質があります。
そのため出来るだけ加熱せず、生のまま摂取するようにしましょう。

 

また、胸の脂肪を支えるためには筋肉も必要になってきます。
胸筋を鍛えるために、良質なタンパク質も積極的に摂るようにしましょう。
特に低カロリーな鳥のささみ肉はダイエット中の方にもおすすめのタンパク質源です。

 

せっかく育った胸をキープするためには

10代女性のバストアップ方法と効果

胸を大きくするためには、リンパの流れを良くしておくことも大切なことです。
リンパの流れが良くなることで、摂取した栄養分がしっかりと胸に届きやすくなるのです。

 

鎖骨や脇の下などを優しくマッサージしてあげましょう。

 

体が温まっている状態のときが効果的ですので、入浴中にマッサージするのがおすすめです。
また、せっかく育ってきた胸を維持していくためには、自分のサイズに合った下着を身につけることも大切です。

 

新しいブラジャーを選ぶ際には、必ず試着して購入するようにしましょう。
胸を支えているクーパー靭帯を守ることも大切です。クーパー靭帯は激しい運動などでも切れてしまうことがあり、一度切れてしまうと元には戻りません。
垂れ胸の原因にもなってしまいますので、スポーツなどをする際には胸を固定してあげるようにしましょう。